【カフェ飯】ABC Canteen@新宿LUMINE EST

 

View this post on Instagram

 

ゆう(めしログ&ROM専アカ)さん(@yusuke1235)がシェアした投稿


ABC Canteen@新宿LUMINE EST – 食べログ

●注文したもの
・スペシャルミニボウルセット@¥1380
(甘辛チキンタツタ+おろしステーキ丼)
⇒サラダ・わかめスープ・ボウル2種・大学芋っぽい何か


旨かった。

が、以前訪れた「馬馬虎虎(まーまーふーふー)」と同じ新宿LUMINE ESTにある店ということもあり、もうなんか店の外観からして女子向け。男一人ではなかなかハードルが高い気がする。実際、店内ほとんど女性客で、男性客はやはりカップルだった。

※関連過去ログ
【中華】馬馬虎虎(まーまーふーふー)@新宿LUMINE EST

食べログのレビューを見ても、レビュワーの大半は女性のように見受けられる。(女子会で訪れたとか、久々の友人との再開で訪れたとか、そんな感じのことが書かれてる)

でも肝心の「メシ(あえてこういう言い方をしよう」の方は、普通に男でも、サイズ的にはちょうどいいと思う。適度な満腹感が得られたと思う。

オーダーしたものは所謂ハーフ&ハーフ的なものだったので、2つの味を楽しめた。

スポンサードサーチ

サラダ

やはり、カフェベースの店でメインターゲットが女性ということも有ってか、サラダはぼくが主によく食べに行く店とはぜんぜん違う。もんすごいちゃんとしたサラダ。めちゃくちゃ旨い。

わかめスープ

これも存外うまくて驚いた。これもサラダ同様、ぼくが主によく食べに行く店(詰まりは中華的なお店)とはぜんぜん違くて、全然油っこくない。かなりあっさりしているけど、ごまの風味もちょうどよく、わかめ自体も非常に旨かった。

大学芋っぽい何か(甘露煮?)

このお店は元々の店名が「おいもクリームと真面目ごはん。」という名前だったらしく、このことから、このお芋がキーアイテムな気もするが、正直なんだかよくわからない。あ、でもすごくうまかったですけどね。

※あとで一緒に行った知人に聞いたら「多分、甘露煮でしょう」とのことでした。

ボウル2種(甘辛チキンタツタ+おろしステーキ丼)

メインデュッシュ。チキンタツタには確か「和風」と「タルタル」もあった気がする。

この、いわゆるハーフ&ハーフ的な2種によって、鶏と牛が両方楽しめるというお得感。ぼくは基本、初めて行く店でこの手のハーフ&ハーフ的なメニューがあると、まずはそれで試したくなる。

で、鶏の方はカリカリの衣が非常においしい。タレが若干味濃いめな気もするが、ご飯もあるしさほど気にはならなかった。

肝心のご飯は、やはり女子向けのカフェ飯ゆえの健康志向と言うか、意識高い系と言うか、十六穀米みたいな紫色のご飯だった。僕は割とこの手のお米もいける口なので、美味しくいただけました。

おろしステーキ丼の方も、肉は非常に柔らかくて美味しかったけど、ぼくは断然、チキンのほうが好きですね。もちろんこっちも旨かったけど。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です