【×年前の今日】B’z – RISKY(4th ALBUM)


■B’z – RISKY(4th ALBUM)■
1990年11月7日リリース

●SINGLE
・Easy Come, Easy Go! – リリース: 1990年10月3日
・愛しい人よGood Night… – リリース: 1990年10月24日


28年前の今日リリース。

このブログで何度かB’zのことを取り上げては来たものの、実を言うとぼくはそこまでB’zのことが好きなわけではなくて、ちゃんと聞いたアルバムって、このアルバムと「WICKED BEAT」というミニアルバムだけだったりする。なので他のアルバムについては、殆ど知らない。

でもこのアルバムは、中学か高校くらいの、リアルタイムから少し遅れて後追いとかで聞いてたと思う。なので非常に思い出深いし、結構好きなアルバム。なんなら、カラオケでも歌おうと思えば歌えると思う。

この辺りの詳細については、正にドンピシャな過去ログがあるので、そちらを参照にされたし。

※関連過去ログ
初期のB’zを久々に聞いてみた。 – 2018-08-03

で、このアルバムなんだけど、上記過去ログにも書いたけど、当時のB’z(厳密にはGt.松本孝弘がまだレスポールを持つ前、YAMAHAと契約していた頃)って、TM NETWORKの影響を色濃く受けていてわけですよ。

ただ、このアルバムはちょうどそこからの脱却を図ったアルバムってことで、これ以前のものより、バンドサウンド感だったりギターの歪みがやはり強くなっているのが特徴的。

でも、前作の「BREAK THROUGH」のような「ファンキーかつダンサブルなシティポップ的チャラさ」はちゃんと健在で、それこそ、「M2. GIMME YOUR LOVE -不屈のLOVE DRIVER-」や「HOT FASHION -流行過多-」なんかは、「バブル」に浮かれていた世相をリアルに映し出していて、非常に興味深い内容となっている。

要は当時のB’zに求められていたであろう「抑えるべきポイント」については、しっかり抑えられていたと思う。と、同時に、今のB’zにも通ずる土台のような部分も、この作品である程度固まったかのようにも思える。

B’z史を紐解いていく上では欠かせないアルバムなんじゃないかと思う。

●YouTubeプレイリスト

URLを放り込むだけで動画埋め込まれるのか!初めて知ったw
なんだよもう!今まで律儀に埋め込みコード埋めてたわw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です